みんなが重宝する街です。

豊島区の街は、とにかく活気に溢れています。ではなぜそんなに活気に溢れているのでしょうか。まずオフィスが本当にたくさんあります。そのためオフィスで仕事をした後のサラリーマンなどがすぐ近くで飲んだり、遊んだりとワイワイやっていくのです。そのため自然と活気が溢れてきます。ゲームセンターやカラオケなど気軽に安い値段で遊ぶことのできるレジャースポットが本当にたくさんあります。
そして豊島区の街の一番の大きな特徴は、交通の便が素晴らしいということです。とにかく山手線が走っている街が池袋や巣鴨、大塚などたくさんあります。山手線を使用して簡単にどこへでも行くことができるため、みんなが重宝する街です。そのため自然と人がたくさん集まるようになり、賑やかになります。

これは、池袋に有るカラオケボックに行った時の話。
地方から引っ越してきたばかりの私は池袋自体が句だと思っており、豊島区の中に池袋があると聞いた時は大層な衝撃を受けました。それを友達行ったところ、池袋に10年ぐらい住んでいるその友達も実は豊島区内に池袋が有るということを知らなかったそうです。確かに池袋と言う地名を出せば話は分かりますし池袋に住んでいても住所などをどこかに書く機会なんてなかなか無いですから。そんなことを聞いたカラオケボックスでの一コマでした。

池袋の家賃の相場はいくら位でしょうか。いろいろな賃貸サイトを見ていますが、結構ピンきりのようです。探してみれば結構格安な家賃でお部屋を借りることができるようです。とは1ldkとかのファミリー物件ともなるとそうも行かないようです。そういえば、知人が以前池袋の賃貸事務所を借りた人がいましたがその時は結構部屋を事務所を探すのに苦労したようです。事務所と言ってもマンションの一室をSOHOで使うパターンと普通のオフィスビルで探すパターンが有りますが知人は前者のSOHOでかつ1ルームのマンションを借りる程度の家賃で探していたので結構時間が掛かったそうです。とは言え、最近はネットで色々と情報が調べられるので1ヶ月もしないうちに自分のオフィスの条件に合うものが見つかったそうです。

お部屋探しのこだわりと妥協点

漠然としてしまっているのですが、なんとなく1階がコンビニになっている賃貸マンションて良いなと思います。
田舎から都心へ出てくるってやはり不安があるのと、ただでさえお隣さんとの近所付き合いがないという状況ですとコンビニの店員さんのようなちょっとした顔見知りになれる人は必要だと考えます。
豊島区の不動産を巡り、お部屋探しに重要視してしまうのがやはり間取りで1LDK・対面キッチンはとても使いやすいです。
トイレ浴室が別、ということにも求めてしまいますが、なかなか湯船にゆっくりつかるという時間もないと「シャワーさえ付いていればいいかな」とも思います。
なので「浴室洗面トイレの3点セットタイプ」は清潔であり、ちょっとおしゃれにできていれば妥協できます。
築浅であれば尚一層ですが、豊島区あたりだとそれなりにお家賃も張るんだろうなぁと思っていますので贅沢ばかり言ってられませんね。

マンションのここがいい!

現在は戸建てに住んでいるのですが
過去に池袋エリアの賃貸不動産マンションに住んでいました。
私がマンションに住んでいて良かったなと思ったこと一つ目はご近所さんと仲良くなれたことです。
戸建てとは違い、壁一枚向こうには
違う家族が住んでいるので気配りは欠かせませんがそれ以上に優しい方がたくさんいたので、凄く気持ちが良かったです。
良かったなと感じた点二つ目は戸建てとは違い暖かかったことです。
今現在、上下左右に囲まれて生活していないからこそ分かることだと思いますが一軒家は寒いです。それに比べるとマンションは夏は風通しが良く、冬は暖かかった気がします。年間を通して、私個人的には一軒家よりもマンションの方が快適に過ごせていたと思います。”